2008年01月31日

なんかねー

なんかねー

なんか物足りなかったのよ。

引き込まれなかった??っていうのかなー。


基本二回観たら好印象になるってか、
これはこーゆー物なんだって受け入れられるんだけど
まだ一回目だからかな。


主役と彼女 、主役の隣の部屋、主役の友達とその彼女、主役のバイト先

みたいな大きく分けて三つが重なり合うんだけど。


それはうまく繋がってるんだけど。

主役はタイトルの出来事にからんでないし、
三つ(細かくわけると四つ)の絡みが薄いのかなー。


途中ちょっとダレたんだよね。
残り20分くらいのとこで。
時計を見てしまった。


回想の見せ方とか舞台を上下にうまく使う見せ方とかはいいと思ったし、
役者さんも全体的にはいい感じだと思ったんだけど。


あとは舞台が動いたりするのもなんか面白かったんだけどな。


あぁなんか不可解なこととかびっくりしたこととかあったからかな。

なんで旅に出たの?
主役にバイトを譲るため?

え?ホントに好きだったの?
いきなりすぎてびっくりした。
不思議ちゃんかと思いきや、できる女?体育会系?会社想い?

何で居座ったの?思い出したから?
何で何でって聞くの?
最後のくだりだけでいいじゃんね。


全体的にはうまくいったらすごい楽しめそうな気がするんだけどなー。

ということで、なんとなく同じ系統の舞台、彼が去年の10月に出てたやつと比べる。

違い・・・音がないのと勢いかなぁ?

前のは、乗り越えるみたいなところが裏テーマであとはうるさい音楽と芝居の勢いに巻き込まれてるのが楽しかった。

今回のテーマは何だろ。
タイトルは、物語の全編に関わってくるわけじゃないしなー。
勢いもイマイチ。
居座る子のキツイ感じが苦手。
美人さんにはたぶん嫉妬。
ちっこい店員さんは、あたしもそうしてほしい、と。(身長が同じくらいだから)
豆乳鍋な彼女は後半激しかったけど共感できるとこもあり、素直さもウラヤマシ。
チャイナな彼女は、無表情さ(言葉もしぐさも)が素なのか演技なのか。。。
あ、でも最後のくだりの笑顔は良かったナァ。


男性陣は概ね好感。

主役なかれ:よーすけ氏に似ている。
たぶん頼りにならないけど、癒し系。
癒されたい。君なら大丈夫だよっていってほしい。

友達なかれ
いい人だった。そしてかっこいい。
ただ何で旅に出たのかが謎。あといきなり結婚決めすぎじゃない?
そんなに時間経ってないの?一週間かそれくらいだよね?
違うのかな・・・。
関西弁がよかった。ヘタレ気味だけどかっこよす。
人の気持ちが分かる、あったかくていい人。

リーダーなかれ
あつい。たぶんあだ名がごり。昔の男って感じ。
きっと単純だけどその男らしさが魅力。

下っ端なかれ
喋り方や髪形がうざい(いい意味で)
おばかだけど、それを知ってて、ちゃんと生きてると思った。
なほたんと仲良くしたらいいのに。


穏やかな彼
癒し系だわー。
そばで優しくして欲しい。
でも実は腹黒いかも。
別にあやつられてもいいから、構ってほしいなぁ。
いい清涼剤。



ファンの子に!とか役者としての夢を見てる部分、あてがきなのかなとかw
最後の告白は照れました。ちょっとそうかなと思ってたから、当たったー!みたいな気持ちもあったけど。

夢に向かって一直線、素敵でした。


社長

スピワゴいとくんじゃないほうに似てるw
穏やかでいいひと。
敏腕だから鋭い言葉を吐くのかと思ったけど違った。

受け入れる。許容する。深く生み出す。


クリエーター

強く傲慢。
自分に才能があることを知っているからこそ、自信満々に振舞える。
時々見せるおちゃめさがカワユイ


営業さん

デフォルメされてるけど、いそうだよねこういうひと。
太鼓もち調子が良くて、自分のことばっかり考えてて、でも憎めない。


あれ、これで全員かしら。

とりあえずあたしは癒されたいんだなってことがわかった。



おまけ
彼のトコでチケット取ったから回りはみんな彼のファン。
若干うざかった。
・・・友達いないひがみかな。
堂々と出待ちする勇気も度胸もないあたしのジェラシーかな。

あと、座席が何列か平らになってる後方下手よりで、見えにくかった。
若干左右に揺れてごめんなさい。

次も同じ列なんだよなー。センターだけど。

見えるかな。見えなかったらもっと後ろにして欲しいなぁ。
そんな交渉できるかな?


あれ、なんか書いてたらだんだん好印象になってきた。
なぞだわー。
posted by ふ〜たん at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

誰かのファンでいること

そのためにはある種の図々しさ…というと語弊があるかな

勇気と話術が必要だと思います


私のいる界隈(?)だけかもだけど。


出待ちをすること
想いを伝えること



ファンレターやプレゼントもいいけど、
一回のトークに優るものはないし


役者にとっても迷惑かどうかは紙一重だけど、
人気っぷりを確認できるし、
感想を直接聞けるのは嬉しいでしょうし。


あたしにはその勇気がない。
偶然会えたらいいなとは思うけど、
他のファンにまぎれて出待ちしたくないの。

唯のファン、が、いやなのかも。


もっと仲良くなりたい話せるなら話したい


そんなファンの欲望が役者を支えてるのかもね。


あたしにとっては現実と錯覚できそうな微妙な距離感な彼。


そろそろ潮時かな。。。



そうそう今回のお芝居でぐさっときたのは、
伝え続けたからうまくいったんだ、って台詞。


想いを伝えることに臆病なあたしは、相手に迷惑かもしれないし、
と相手を思いやる風な言い訳で自分を丸め込んでるけど
ホントは拒絶されるのが怖い臆病者なんですよ

と改めて実感しましたとさ
posted by ふ〜たん at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。